コア系コミック・レビュー01

サイコ 多重人格探偵MPD-PSYCHO/田島昭宇×大塚英志 
(角川書店「月刊少年エース連載/現在7巻まで発売中)   コア的オススメ度★★★★★


非常にグロイです(笑)。何たって猟奇殺人やらテロやら何とか補完計画とか‥
人は死にまくり、血でまくり、首飛ぶわ、目えぐられるわで、おまけに主人公は
解離性同一性生涯で病気だしと、何か末期的で病的モノを一同に集めたような漫画。
文字で書くと何か危ない漫画で売れそうに無い気がすんだけど、地元は常に売り上げトップな本屋が
多いです。一応「月刊少年エース」という角川の出してる少年誌に連載してるんだけど
異彩放ちまくり(笑)。で、本来なら自分的には非常に苦手な要素を多く含んでいるにも関わらず好きなのは、作画が田島氏だからだと。そう、サイコの何が良いって、
そりゃもう田島氏が作画してるとこです(笑)。
一番好きな漫画家さんなので大贔屓。雰囲気重視で絶妙なコントラストとセンスのサラっと
した感のある絵は重くて病気的なストーリーを格好良く見せてる。いやもー本当に。
田島氏以外の作画だったらヒットしなかったんじゃないかなーと思うのは大袈裟かなー。絵的にコアっぽく、パンクっぽく、病気っぽく、ビジュアルっぽく、お洒落っぽく‥とにかく格好良い。
ロゴマークやキャラクター達の着る服やアクセなんかに
クロムハーツっつーかA&Gっつーか…まーそこいら辺のシルバー感が良いッスね。半端に描いてないとこが本人も好きなんだと思わせる。
流行りものなのでシルバーアクセを描く人は多くても、きちんと描く人は意外に少ない…。
キャラクター的には渡久地と島津が好き。髪型とか着てる服とか、トータルで格好良かった‥。
特に渡久地は髭だし(爆)。髭好きとしてはほっとけないッス(バカ?)。
どっちも死んじゃったんだけどね。でも渡久地には死んで欲しくなかった‥(涙)。
ラストは凄く格好良かった。助かってホッとしたのに死んじゃうしー。あーうー。
あ、でも妙に力入ってる女のキャラクターはちょっとかな‥すぐ無意味に脱ぐし(笑)。
いやまー雰囲気重視のエロなので嫌みはないんですけど。あとオヤジキャラもイマイチ?
鬼頭は最近格好良い風に売り出してますが、ちょっと微妙(笑)。‥と絵のことばっか
誉めてますが(いや、そうでもない)肝心の漫画の方のストーリー的にはどーかと申しますと‥、
うーん‥嫌いでは無いですが好きってコトもないかな。展開にやや無理があるのでは?と思うとこが多々ある。桐生と美和の関係が何も伏線がなかったので、ソレは唐突というか思いつき?みたいな。
いや、そもそも美和の存在が連載当初と絶対違うだろ…みたいなのは私の読みが足らないのかなぁ?
で、ガクソの実体とか(笑)。もーちょい医学的なコトも触れないと解離性同一性生涯を語るには、ちょっと嘘っぽくないかなぁと。何だよ、プログラム人格とか補完計画って。みたいな(笑)。
7巻で色々ガクソについて説明されてて、ちょっとガッカリ(苦笑)。
20年前に死んだ子供と看護婦の人格を統合した人格・西園と政御する人格・雨宮、弖虎と西園を補完するコトに寄って完全体を作るって…ややこしい上に意味もよーわからん(笑)。
解離性同一性生涯…つまり多重人格の実体は良く分かっていないので、その辺を上手く人為的に作るってコトなんでしょーけどね。ガクソはイメージ的にオウムなんでしょけど,政府の秘密機関みたいな存在だった方が説得力あった気がして…。個人的には4巻辺りまでが良かったな…なんて思ってみたり。ガクソや全一に必至で抵抗する渡久地がすごく格好良かったのに(しつこい)。とか、色々いいながらも続巻する限り買うんでしょね。だって田島氏の絵が好きなんですもん。

レビューtop  top

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー